ノアのブログ

NPO法人ノアのブログです

空き巣事件で知ったこと

昨年は「憩いの家ノア」に空き巣が入ったうえ、利用者が詐欺にあったり、私たち家族 が脅迫を受けたりしました。この経験から、いくつか学んだことをお伝えします。

【刑事ドラマとは違う】

警察は刑事ドラマとはずいぶん違うことが分かりました。私も現実の警察や捜査は、ド ラマのようではないとは想像していたのですが、想像以上でした。一言でいうと警察は非 常に慎重で、物証がない限りは動かないということです。確かな証拠を一つ一つ積み上 げ、証拠が固まった時点で上司のゴーサインが出て、始めて捜査に着手できるようです。 ドラマでは、推理に基づいた捜査や、主役刑事の「感」によって捜査を行う場面がよくあ ります。上司の制止を聞かず単独で捜査に当たる主役刑事が登場することもあります。し かし、現実には警察という組織は、命令系統や役割分担が厳格で、勝手な行動や守備範囲 外の行動も禁じられているようです。指紋や防犯カメラの検証なども、ドラマのように簡 単にできるものでないようです。警察は冤罪防止にかなり神経を使っているようで、その 面では安心感が持てましたが、こちらの期待通りにスピーディーには動いてくれません。 そんな鈍い警察の動きに接していると、正直のところ犯人を本気で捕まえる気があるのか と疑いたくなりました。しかし、犯人を逮捕できるのは警察だけです。私たち市民は粘り 強く警察に期待して待つしかありません。今回は犯人が捕まり警察の労に感謝するととも に、捕まったのはラッキーだったという気もします。私たちとしては、なぜ犯行に走った のか、どうやって逮捕できたのかなど、知りたいことはたくさんあるのですが、警察から の説明は皆無に等しい状況です。こうした事情を知るには、裁判を傍聴するしかなさそう です。ただし、犯人逮捕から 3 カ月以上経過するのに、裁判がいつ開かれるのか不明で す。犯人にとっても、いつ裁判が行われるのかもわからずに、拘束され続けるのは苦痛だ と思います。

【怖い情報の流出】

一方、利用者名義で犯人が借りたカードローンについては、現在弁護士を介して支払い 拒否の交渉をしているところです。そのためか、先日別のカード会社から、被害に会った利用者がこれまで使っていたカードが無効になったとの文書が届きました。このカード会 社での支払いを滞ったことはないのですが、その文書によれば信用調査機関からの情報に より、無効にしたとあります。これは、支払い拒否をしている情報が他のカード会社に流 れたためだと思います。今後カードを作ることも、ローンを組むこともできなくなりそう です。本人が悪いことをしたのならともかく、被害者なのに一方的にこのような扱いを受 けるのは理不尽だと思うのですが、仕方ありません。個人情報がこのように本人の知らな い所に伝わってしまう恐ろしさを感じました。 裁判も始まらず、不正に借りられたカードローンもどうなるのかわからず、犯人が逮捕 されても一向に一件落着とはなりません。

空き巣等の犯人確保!

前号のノア通信で「憩いの家ノア」に空き巣が入ったうえ、利用者が詐欺にあったり、私たち家族を殺すなどの脅迫があったことを報告しました。家に火をつけるとの脅迫もあったため、その後ノアを閉鎖し、我が家で暮らすとともに、警察にパトロールをお願いしたり、防犯カメラを設置してもらったりと、喜の休まらない日々が続きました。犯人が捕まらない限り、安心できなかったのですが、10月27日の夜、吉井警察から犯人確保の連絡があり、一安心できる状況になりました。皆様には大変ご心配をお掛けしましたので、取り急ぎ報告します。

続きを読む

秋に羽化したアキアカネ

アキアカネは 6 月下旬~7 月初旬に羽化するのが普通です。ところが、今年冷蔵保存した卵から孵化したヤゴを屋外に置いた容器に放り込んでおいたところ、9 月末から 10月に羽化しました。詳しくは年末に発行予定の「アキアカネ復活の試み 2017」で詳しく述べますが、ここに簡単に報告しておきます。最初に羽化したのは、9 月 25 日で現在のとろろ、最後は 10 月 10 日でした。いずれもアキアカネとは思えないほど超ミニ個体でした。エサが不足していたことが原因かもしれません。

赤トンボ観察会で思ったこと

9 月 18 日に毎年恒例のアカトンボ観察会を行いました。今年は 14 名の参加でした。年々参加する子供の年齢が低下しており、今年の最年長者は小5の男の子でした。以前は小学5年前後の子が多かったのですが、最近は就学前の子供が目立つようになりました。最近の子の虫嫌いは目を覆うばかりで、農業高校に通う息子の話では、オニヤンマが教室に入って来ると、男子学生でさえ逃げ惑うなど、トンボを怖がる友達が少なくないとのことです。

ところで、今回の観察会で確認できた赤トンボは、アキアカネ、マユタテアカネ、ミヤマ アカネ、ネキトンボ、ウスバキトンボ(正式なアカトンボではないが)の 5 種でした。種類数としてはあまり以前と変わりがないのですが、個体数がめっきり減りました。とくに、以前はどこにでもいたナツアカネが全く見られなくなりました。こんな状況では、アカトンボが群れ飛ぶ田園風景も、アカトンボを追いかける子供たちの姿も、近い将来見られなくなってしまうでしょう。童謡のアカトンボは国民的愛唱歌として親しまれてきましたが、この歌も忘れ去られる日が近いような気がします。当会では、むさしの里山研究会の活動を引き継いで、アキアカネ復活に向けた調査を行っていますが、そんな調査も空しいような気がしてきました。アキアカネもナツアカネも水田依存度が高く、この調査はアカトンボが住めるような水田耕作方法を明らかにすることが目的です。しかし、たとえそれが明らかになったとしても、その耕作方法は無農薬など手がかかり、非効率なものになるでしょう。日本の農業は省力多収穫を目標に技術開発が進められてきました。その結果、アカトンボが住みにくい水田になってしまったのです。今後も貿易の自由化の中で、さらに効率的な水田づくりが加速されることでしょう。アカトンボと共存する田んぼづくりなどをやっていたのでは、世界競争に勝てないことは自明です。加えて日本は超少子高齢化社会になり、生き物を育んできた里山の田んぼは消滅しそうです。なぜなら、人口減少により田んぼはおろか集落、さらには市町村の存続さえ危うい時代が目前に迫っているからです。人が住まなくなった里山の自然は消滅し、原生自然が復活するかもしれません。そうなると、田んぼを住みかとしてきたトンボたちは大きな影響を受けるでしょう。元来は森林内の水たまりを生息場所としていたカトリヤンマは、生息場所が増大して勢いを盛り返すかもしれません。一方、ナツアカネやノシメトンボアキアカネなど、明るい湿地や一時的な水たまりを住みかとしていたトンボは、里山に田んぼが無くなると、絶滅の道を進むことでしょう。一口に田んぼに依存したトンボと言っても、元来の生息環境により明暗分かれるように思います。アカトンボが群れ飛ぶ日本の風景が消滅し、それに伴いアカトンボに関心を持つ人々が減少する時代が、すぐそこまでやってきた。そんな暗い気持ちにさせられた今年のアカトンボ観察会でした。

これほど赤トンボが少ないのでは、長年やってきたアカトンボ観察会ですが、今回で最後にしようかと考えています。

セイタカアワダチソウの入浴剤

黄色く目立つセイタカアワダチソウが咲き始めました。嫌われ者の外来雑草ですが、案外きれいですし、花の少ないこの季節の蜜源として貴重なのではないでしょうか?外来種は生態系を破壊する危険生物として排除することが声高に叫ばれていますが、すでに日本の生態系に組み込まれた動植物は、それなりに必要なのではないかと思います。駆除すべきかどうか悩ましいところです。

ところで、ワンダースクールの太田さんから、セイタカアワダチソウで作る入浴剤はアトピーに効果があるうえ、良く温まると聞きました。インターネットで調べると、開花寸前のつぼみの時期が、採取好機だと書いてありました。「それはいつでしょう?」・「今です!」というわけで早速、田んぼふれあい公園内に生えていたものを採取し、乾燥中です。採取したものを水洗いしてから数日間乾燥し、適当な大きさに刻むだけですので、作り方はいたって簡単です。それを布などに包んで風呂に入れるそうですが、先ず水で抽出し、その後にお湯を入れる必要があるそうです。効果は酵素によるものなので、熱湯で煮出したり 40℃以上の熱いお湯にしてはダメだそうです。3日ほど水を換えない方が、酵素が良く浸出するそうですが、ちょっと汚い感じがしますね。ぜひ皆さんも試してみてください。効果があれば、続ければよいし、なければやめれば良いのですから

畑をアメリカシロヒトリが急襲

むさしの里山研究会から引き継いだ用土の畑には、10 本のサクラの木が植えられており、毎年美しい花を咲かせてくれます。しかし、花の時期が終わると関心がなくなり、サクラの木を見ることもなくなります。今年はそれが失敗のもとでした。サクラにアメリカシロヒトリが大発生し、サクラを食い尽くしたおびただしい数の幼虫が、野菜を襲い始めたのです。最初に襲われたのはダイズです。毎年ダイズを作るのですが、いつも虫にやられ収穫皆無となるのが常でした。ところが、今年は播種時期が良かったのか、虫害にほとんど会わず、収穫した豆で味噌を作ることが出来そうだと喜んでいたのですが、一部が何かに食われています。葉の裏をみると、どの葉も毛虫(アメリカシロヒトリの幼虫)がびっしりです。葉が次々と出る成長期であれば、少々虫に食われても大丈夫でしょう。しかし、成長期を終えた今は、現在残っている葉で光合成を行い、実を熟させる時期ですので、葉が食べられると豆塾さなくなる恐れがあります。そこで、1枚1枚葉をひっくり返し、毛虫つぶしを行いました。しかし、つぶしても、つぶしても一向に減る気配はありません。そんなわけで、4日ほど毛虫つぶしを行ったのですが、結局ダイズは写真のように丸坊主にされ、それでも満足せずさらにブロッコリーやハクサイ畑にまで侵入してきました。これらは、11月に予定している野菜の収穫体験用の貴重なものです。こちらの被害だけは何とか食い止めるべく、毛虫つぶしに励んでいます。農薬を撒けば簡単に退治できるのですが、これまで一切農薬を使わない畑にしてきたので、農薬は撒きたくありません。長年栽培していると、素人の私でも無農薬栽培のコツが少しずつ分かってきました。今年はブロッコリー、ハクサイ、レタスなど順調に成長しています。来年は自主財源確保のため、野菜の出荷契約を結ぶ予定です。でも、70 歳になる理念は体力的に無理かも?

ノアに空き巣が入り、さらに被害が!

合併手続きが終わり、さあこれからというときに、とんでもないことが起こりました。ノアに空き巣が入り、さらにノアを利用している A 君が詐欺にあうという事件が勃発したのです。以下その経緯を報告します。

空き巣が入ったのは、9月10 日だと思われます。カギをこじ開けたり、窓を壊して侵入したのではなく、留守中に隠してあった合いかぎを使ったか、家人のすきを狙って侵入したようです。別の場所にも現金があったのですが、他を物色した形跡は全くありませんでした。盗られたのは A 君の財布(十数万円入っていた)、印鑑、キャッシュカード、B 君の財布に入っていた現金(2 万円ほど)だけで、他の場所を物色した形跡はありませんでした。被害に気付いたのは 11 日の朝で、すぐに寄居警察に通報しました。駆け付けた警官は、状況から内部の事情に詳しい者の犯行とみなし、A 君や B を疑いましたが、二人とも知的障害があり、通帳や印鑑を使って預金を下ろすことはできません。第一、自分のお金を盗む理由もありません。いずれにしろ、通帳と印鑑が盗まれていたため、すぐに銀行に取引の凍結を要請しました。

15 日に A 君の通帳とキャッシュカードを再交付するため、A 君から委任状をもらって世話人代理人として、銀行に申請に出向いたところ、A 君の本人確認のため、免許証か健康保険証を持参するよう言われました。そこで、A 君に保険証を求めたところ、「なくした」の一点張りで紛失した理由は話してくれませんでした。しかし、療育手帳で本人確認ができ、 何とか再交付の手続きができました。安心したのもつかの間、その日の午後貸金業者の M 社から、契約手続き完了報告書が書留便で届きました。驚いて本人に尋ねたところ、契約していないとのことでしたので、すぐに M 社に電話したところ、守秘義務があるので本人でなければ話せないとのことです。そこで、電話を本人に代わったところ、その応答から保険証を友人に貸したことが分かりました。すでに 30 万円を貸し出しているため、返済しなければ解約には応じられないとのことです。さらに 25 日には I 社からも契約手続き完了手続きが届きました。I 社に電話し、本人から保険証を盗られたこと、契約をした覚えはないことなどを伝えましたが、契約は完了しており既に 50 万円貸し出したとの返答でした。その後 A 君のスマホを使って 20 万円程のネットショッピングがなされていることも分かりました。このため、これらの被害届を出しに警察に出向いたのですが、警察からは「被害者はカード会社や電話会社になるので、お宅からは被害届は出せず事件化は出来なません」と言われました。確かに会社は成りすまし犯に騙されたと言えますが、お金は A 君に請求するのですから、会社は儲かりこそすれ損はしません。警察の説明には納得できなかったのですが、引き下がるしかありませんでした。私たちは空き巣も含め、保険証を借りた友人の犯行と確信していますが、証拠もありません。そこで、熊谷にある県の消費生活センターに相談したところ、寄居町にも消費生活相談員がいることを教えてもらいました。寄居町の相談員の勧めで、カード被害やネットショッピングへの対応は、弁護士にお願いすることにしました。ところが、本人は知的障害のため、弁護士と直接相談できないため、私が成年後見人になり、本人に代わって弁護士と相談する必要があるようです。成年後見人の認定や選任は裁判所が決めることですので、私が後見人になれる保証はありません。先ず A 君が成年後見を必要とするか否かを、精神科で診断してもらい、必要だと判断されたら診断書をもって裁判所に申し立てを行うことになります。今後は弁護士への依頼や報酬、成年後見に向けた経費など多額の費用もかかりますが、仕方ありません。

こうしたやり取りの最中、犯人とおぼしき友人から、100 万円よこさないと家族を殺すか、家に火をつけるとの脅迫メールが届きました。これは、犯罪ですのですぐに被害届を出し、事件化して警察が動き始めています。放火の恐れや家族の身の安全が脅かされていますので精神的に追い詰められていますし、行動も制限されています。1日も早く犯人が捕まるのを節に願うのみです。

今回の事件で分かったことは、警察、消費生活センター、弁護士などそれぞれ守備範囲があり、限界もあるため、それらをうまく組み合わせて問題解決の図るしかないということです。また他人の健康保険証があれば、無人の貸出機で多額の借金ができること、他人のスマホでショッピングし、決済もできることなど、最近の情報を知らなかったのがうかつだったと反省しています。つくづく、知的障害のある若者など弱者を犯罪被害者や加害者にしないよう守ることは、容易でない時代になったことを痛感した次第です。