ノアのブログ

NPO法人ノアのブログです

活動報告

ゴマの生育状況と畑の現状

ノア通信 23 号で皆様にプレゼントするためにゴマの種を蒔いたところ、たくさんの芽が出たことをお知らせしました。その後間引きを何度かしたのですが、あまりにも密生しすぎて間引きが不十分なままでした。そのため、あまり背丈が伸びないで成長を追え、花…

山でのアキアカネ情報

前回発行のノア通信23号に「この夏に標高が 1500m以上の高山や高原へ出かけたら、アキアカネがいるかどうか教えて頂きたいのです。」と述べました。それに対し数名の方から情報をいただきましたので、以下に転載します。

赤とんぼ調査の状況

今年こそ全ての都府県でウスバキトンボの初見日を収集したいと願っていたのですが、8月15日現在22都道府県の情報しか集まりませんでした。

暗闇探検とホタル鑑賞会を行いました

6 月 30 日に恒例のワンダースクール主催の「暗闇体験とホタル鑑賞会」を行いました。 参加者は16家族 49 名でした。

川の生き物探しを行いました

5月12日と19日に小川町の兜川でワンダースクール主催の「川の生き物とトンボの羽化を見る会」を行いました。参加者は12日が5家族18名、19日が5家族19名でした。両日とも晴天に恵まれ、子供たちは川の中に入って楽しそうに生き物探しを行いま…

第1回井戸端会議(仮称)を行って

今年度は自由におしゃべりをしながら交流する機会を設けることにし、その第1回を4月24日に行いました。 第1回の参加者は予想を超える9名となりました。この会はとくにテーマを決めず自由に話し合う場なのですが、私がしゃべりすぎたと反省しています。 …

秋に羽化したアキアカネ

アキアカネは 6 月下旬~7 月初旬に羽化するのが普通です。ところが、今年冷蔵保存した卵から孵化したヤゴを屋外に置いた容器に放り込んでおいたところ、9 月末から 10月に羽化しました。詳しくは年末に発行予定の「アキアカネ復活の試み 2017」で詳しく述べ…

赤トンボ観察会で思ったこと

9 月 18 日に毎年恒例のアカトンボ観察会を行いました。今年は 14 名の参加でした。年々参加する子供の年齢が低下しており、今年の最年長者は小5の男の子でした。以前は小学5年前後の子が多かったのですが、最近は就学前の子供が目立つようになりました。…

今年はウスバキトンボの当たり年?

[caption id="attachment_253" align="alignright" width="150"] ウスバキトンボ県別初見情報[/caption] ここ数年は初夏から盛夏にかけてウスバキトンボが少なく、秋になってやっと群れ飛ぶ 姿が見られる状況になっていました。 ところが、今年は7月以降連…

トンボ市民サミットに参加しました

7月29日~30日に宮城県名取市で、第28回全国トンボ市民サミットが開かれ、当会から新井1名が、寄居町にトンボ公園を作る会から5名が寄居から参加しました。エクスカーションが行われた29日は、あいにくの雨でしたが、大震災で津波被害に遭った閖上地区の「…

田んぼのアキアカネ復活の試みの進捗状況

水田でのアキアカネの復活に向けた試みは、今年で3年目を迎えました。2年後には関係団体に提案書を提出するつもりです。これまでの調査で、冬季湛水(冬水田んぼ)、無農薬、自然農法水田でもアキアカネが発生しない場合があることが分かりましたので(アキ…

グループホームのその後

4月16日にグループホームとしての「憩いの家ノア」を開設してから3か月経ちました。現在2人の青年が世話人の支援を受けながら暮らしています。利用料は1人につき月額6万円ですが、支出は月額約20万円となり、ひと月当たり8万円の赤字です。通常の…

ジャガイモの植え付け作業が終了しました

2月25日に続いて3月25日にもジャガイモの植え付けを行いました。今回はメイクイーンやトウヤなど3kgと少なかったので、1時間足らずで植え終わりました。その後、大人はタマネギ畑の草むしりに精を出し、子供は水路での生き物探しに熱中しました。久…